編集(管理者用) | 差分 | 新規作成 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴

腐葉土作成 - 雑草などの腐葉土化

目次

雑草などの腐葉土化

腐葉土作成用畑を作って、ポンポン放り込むだけで腐葉土が出来る簡単な物です

庭の一角に木枠で囲んだ小さな区画を作る

雑草などを積み上げるので、木枠を組んで少し高めの花壇状の区画を作ります。 使う木材は1×8材が安くて丈夫でオススメ。 木材は、防腐塗料であらかじめ処理しておきます。

雑草を放り込む

木枠の中に無造作に雑草や木材チップなどを放りこみます。 この時、横にスペースを空けて積んでいく方が収穫の時便利です。 大きなものは分解に時間がかかるので、適度に小さくしてやったほうがいいようです。

土をかぶせる

時々、上に土をかぶせます。 この土に含まれる微生物が草木の分解を促進してくれます。 初めての時は市販の腐葉土を使いますが、その後はここで出来た土が使えます。 土と土でサンドイッチにしていった方が、出来上がりが早いようです。

収穫

投入したものや季節にもよりますが、1〜4週間ぐらいで腐葉土になります。 一般に、葉類は早く茎・根は時間がかかります。 下の方に出来た土が溜まっているので、時々掘り出します。 横のスペースからスコップをつっこんでガサガサやると土が乗って簡単に収穫出来ます。 新しく草木を放りこんだ時に乗せる土は、ここで収穫した土がいいですね。

保管する時は、 この区画の隅にベニヤを引いて合板や波板などで雨よけをした中に置くと、 乾燥して虫や土の流出を防ぐことが出来ます。

リンク

コメントをどうぞ

あなたの名前: