Enkai-Net  btuの毎日を綴ります アクセス数:002278回
 日誌(HOME)
ページ:<<- prev [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 ] next ->> | 投稿

ワイヤレスのキーボードとマウス

執筆:2010年12月12日 日曜日 20:31 | 分類: パソコン | 編集

少し前から、私がメインに使っているパソコンのキーボードとマウスをワイヤレス化しました。何を今更・・・って感じですが、一昔前のワイヤレスって電波の到達範囲が狭く、頻繁に通信が途切れて使いにくかったんですね。それと、乾電池がすぐになくなるのでもったいない気がして・・・会社で一時使っていたワイヤレスマウスは故障をきっかけに、普通のマウスに戻してしまいました。でも最近は改良が進んで、電波の到達範囲が10mほどの機種がほとんどのようで、サブのコンパクトPCで試用したところなかなか快適に使えております。それに身の回りの乾電池は液漏れや劣化が少ない充電式のエネルループに統一していることで、障壁はなくなりました。ずっと使い続けていたマウスとキーボードが旧式で使いにくくなっていたのと、ゴチャゴチャした私の机の上で配線を少しでも排除したいこと、机の上で作業を行う時に配線が邪魔で片付けられないこと等々、色々あってしばらく品定めを行っておりました。

そんな中、別件の用があって立ち入ったパソコンショップで、Microsoft製のワイヤレスキーボードとマウスが格安で売られていたので購入に踏み切りました。キーボードは人間工学的に考えられた波打った配列で疲れにくく、しかも静穏タイプ、マウスは一般的な形状ですが使いやすさで定評があるMicrosoft製なので大丈夫でしょう。それにしても最近は、試せるように箱から出して展示しているショップがなくなってしまったのが残念です。キーボードやマウスは、とても大事な入力装置なのにね。

Wireless Confort Desktop5000というこの製品の使用レポート。まずはキーボードですが、昔の機械式のキーボードに慣れている私は文字通りキーボードを叩くので「カチャカチャ」音が大きかったのですが、これは本当に静かです。キーストロークはそこそこあるので入力感はしっかりしているのですが、四角く真っ直ぐに配列されたキーボードに慣れた私には、人間工学的な配列が馴染まず、入力ミスが増えてストレスが溜まります。あと、キーボードの上に並ぶFキーが小さく、高さも低いので使いにくいのが盲点でした。また、CtrlやAltのキーが小さく隣と近いのも使いにくい点です。最近は、こう言った機能キーを使う方は減っていてあまり重視されないのかも知れませんね。でも毎日使うキーボードが大きく変わったんですから、ある程度のとまどいは仕方ないところ、もうしばらく使って手に馴染んできたら、良さが判ってくるかもしれません。

マウスについては、ぱっと見が大したことない普通の形状なので期待していなかったのですが、さすがMicrosoftマウス、よく考えられています。ちょうど手にフィットして疲れない形状で、左右のクリックも固すぎず柔らかすぎず、でもしっかりとしたクリック感があります。一番気に入ったのがWindowsになって使う機会が増えたホイール、カリカリと機械的なクリック感がないマウスを初めて使いましたが、これはいいです。クリック感がないのに回りすぎることがなく操作性は抜群、しかも回転に力がいらないので全く疲れないんですね。クルクルーと早く回したらスクロールが加速して実際より多くスクロールしてくれる機能があるのですが、この機能もクリック感がないこのマウスだからこそ違和感なく使える気がします。キーボードが若干失望気味だっただけに、マウスはなかなかいい感じです。

我が家にRush登場

執筆:2010年12月12日 日曜日 19:47 | 分類: JA11V改 | 編集

1週間ほど前、我が家にTOYOTAのRushがやってきました。っと言っても嫁のバモスの買い換えで、私の車ではありません。

昨シーズンに雪が積もった時、私のジムニーで買い物に連れて行った時に、ジムニーの走破性に惚れ込んだようで、「ジムニーが欲しい」って言い出し、でも「ツードアだから使いにくい」「狭い」などと購入に躊躇していたようです。で、色々あってRushの購入に至りました。

このRush、コンパクトカーで唯一と言っていいのではないでしょうか、本格的なオフロード車です。後輪駆動ベースの四輪駆動で、四輪駆動車を選択すると、デフロック及びM/Sのオフロードタイヤが標準搭載、またオプションでリアLSDが選択出来、さらに寒冷地仕様にするとリアフォグランプがついてきます。これだけで、オフロード車としての意気込みが伝わってきます。おそらく、凍結や雪の多い都祁地域において、私のジムニーに匹敵する行動力を与えてくれるハズです!

残念なことに、知名度が高いとは言えないのが現状です。営業担当者に尋ねると、「オフロード車で売り出したけど人気が出ず、意外と女性に人気がある」とのこと。確かに、人気が高いSUV車を小型化したようなスタイルは、よくあるコンパクトカーとはちょっと違ってて、可愛らしさもあって女性に人気があるのもうなずけます。それでいて、本格的なオフロード車ですから、うまく宣伝するともっと売れるのではないでしょうか・・・っと言いつつ、残念なことにオフロード車人気は既に過去のもののようで、一部のマニア向けの車になってしまったようです。今の人気はオフロード車でなく、カタチだけのオフロードっぽいSUV車ですね。

何はともあれ、我が家に仲間入りしたRush君、これからのシーズンが楽しみです。

さて、我がジムニーですが、久々の休みを利用して、子供達にも手伝ってもらって、やっとスタッドレスタイヤに交換しました。これで我が家の冬支度は準備万端、いつ雪が積もっても大丈夫です。3日ほど前、一時的に激しい雪が降り少し積もったようですが、残念ながらすぐに解けてしまったようです。早く積もらないかなぁ…


トリプルディスプレイ

執筆:2010年11月04日 木曜日 00:39 | 分類: パソコン | 編集

久々のパソコンネタ。

我がOA室のパソコン、2〜3年か前からトリプルディスプレイになっております。また、パソコンも1台に統合して、古いものは引退させてしまいました。デュアルディスプレイの便利さは随分前に書きましたが、現品処分の安い液晶モニタを見つけて衝動買いしてから、トリプルディスプレイ化してこの便利さの虜になっております。

トリプルディスプレイ、安定して動作させるにはかなりの労力が必要でした。まず、パソコンのグラフィックボード(以下、グラボ)1枚では2つのディスプレイに表示するのが限界、パソコンにグラボを2枚差す必要があります。この2枚差しが諸悪の根源で、猛烈に相性問題が発生してしまうのです。まず、手元あったジャンクのPCIスロット用のグラボでテスト、ブルー画面やシステムロックと闘いながら、設定→再起動の無限ループを100回近く繰り返し、なんとか映し出すことは出来ましたが、非常に安定が悪く、しょっちゅうパソコンが落ちてしまいます。色々調べた結果、既に使っていたNVIDIA製のグラボで揃えるとうまく行く可能性が高いことがわかり、また、パソコンの電源容量も不足している可能性が高く、グラフィックボード1枚とパソコンの電源を購入しました。で、紆余曲折の結果、なんとか安定して映し出すことに成功しました。

でで、ここでやめておけばいいのに・・・1年ほど前にパソコンのパワー不足を感じて、CPU・マザーボード等をバージョンアップした際、ソケットの形状の問題から古い方のグラボを買い換える必要が出てしまったのです。また、あの悪夢の繰り返し。NVIDIAの場合、一つのドライバで複数のグラボに対応しているために2枚差しでうまくいく可能性が高いのですが、逆に言えば、両方に対応しているドライバを探さなくてはなりません。NVIDIAのサイトは日本語ですが、ドライバの解説文章は英語、随分粘って対応するドライバを発見してインストールしても安定せず、徐々にバージョンダウンを繰り返して、なんとかマシなバージョンを見つけることが出来ました。

それでも、あるタイミングから突然パソコンがブルー画面になって固まってしまう現象が頻発。いつもWEBブラウザのFirefoxを使っている時に起こるため、Firefoxの問題と断定して、ブラウザをChroneに乗り換えてしまいました。それでも時々起こる、ブルー画面と闘いながら・・・

で、本日、NVIDIAの最新ドライバが私が使う2枚のグラボの両方に対応することが判明、早速インストールすると、Firefoxを使っても超安定している!!!Chromeの不安定さに不満が溜まっていたため、Chromeの設定を手動でFirefoxに引き継ぎ、常用のブラウザを戻してしまいました。

結論、当たり前のことなんですが、少し古い「こなれた」ハードウェアに、最新のドライバを使用すると安定して動作する可能性が高いです。特に、あまり多くの方がしないような珍しい組み合わせでパソコンを使う時、これは絶対条件です。またドライバのリリースノート(英語)をよく読んで、使用したいハードウェア(私の場合は2枚のグラフィックボードと3枚の液晶モニタ)に対応していることを確認してから、ハードウェアを購入すると、苦労が少しでも軽減されることと思います。

収穫の秋

執筆:2010年11月03日 水曜日 21:31 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

今年も収穫の秋になりました。秋とは言え朝の気温は+4℃、もう冬はすぐそこまで来ています。我が家も冬支度が始まりつつありますが、今日は急に仕事が休めることになったので、畑の方も冬支度を始めました。

11月に入ったので取り急ぎ、玉ネギの苗を植えました。去年と同じく、近所の種苗屋さんで、赤玉ネギと早生を各50本、保存が出来る晩生を200本、計300本の苗を購入しました。畑の準備が草抜き程度しか出来ていなかったので、慌てて家族総出で土作りと苗の植え付けを行いました。このドタバタも例年通りです。今年6月に収穫の玉ネギは割と上出来で、サラダに鍋に、おいしく食べております。保存もうまく出来ていて、なんとか来年の春までは食べられそうかな…。この「保存がうまく出来る」トコロが、ちゃんとした玉ネギが収穫出来た証拠ですね。ゆっくり育った玉ネギはうまく保存が出来ますが、にわかに化学肥料で強引に大きくした玉ネギはすぐに腐ってしまうようです。

さて、収穫の方も食べる分だけの試し掘りが始まりました。まずは妻がさつまいもを1〜2株分抜いたようです。さつまいもは毎年満足が出来る収穫は出来ないんですが、今年は長い夏のおかげか、そこそこの収穫が期待出来そうな手応えです。丁度苗がしっかり育つ時期の長雨や、芋が膨らむ時期の乾期には、しっかり張った脇からの根で養分と水分が補給出来たためだと思います。今年はさつまいもの周囲は何も植えなかったので、ツルが伸び放題の放任状態でした(^^) 今年は初夏に収穫のじゃがいもが豊作で、大きいのにしっかりしまったおいしい芋が収穫出来ています。我が山林を開拓した畑も、やっと畑らしい土になってきたってことかな。

自然薯は手入れが行き届かず、雑草に埋もれつつ育っていたので心配していましたが、こちらもそれなりに収穫出来そうです。生長初期には草引きを行い、なんとかツルが巻くトコロまでは見届けることが出来たので、あとは持ち前の生命力で雑草と喧嘩しながら育ってくれたようです。その反面、同時期に植えた生姜は地上部の生長が遅いので、雑草に負け気味のようです。収穫がないワケではないですが、ちょっと寂しい結果でした。

恒例の、自家製のさつまいもから出来た、自家製のかりんとうです。黒糖をからめた少し大人味のコクがある味に仕上がっていました。

誕生パーティ

執筆:2010年11月01日 月曜日 00:28 | 分類: 雑言 | 編集

昨日の土曜に、我が家で恒例のパーティがありました。

一番上の娘の保育園時代の友達5人とその姉妹・父母が集まって、順番に友達の家を回って行われている誕生パーティなんですが、もちろん全員が同じ小学校に通っているワケではないので、段々同窓会・・・いや、パパ友・ママ友の飲み会になってしまっています。

保育園では0歳児クラスからの友達ですから、若干10歳にして10年の付き合いの友達です。この同級生は家族づきあいも活発で、以前にはもっと人数も規模も大きく、年に何回も集まったり、泊まりがけで出掛けたりしていました。最近では少し頻度が減りましたが、この誕生会だけは欠かさずに続いています。我が家が引っ越して少し遠くなってしまったので、集まるのに少し気合いが必要で、我が娘の誕生会だけは姉妹と父母も揃って参加、お泊まりもOKの盛大なパーティになるワケです。

今年は子供10人、大人10人、総勢20人のパーティとなりました。子供と大人のテーブルは別で、子供は勝手にジュースやお菓子で盛り上がり、家中を走り回って遊んでいます。大人も料理やアルコールを囲んで、遅くまで話が止まることがありません。今年は子供達の都合でお泊まりはありませんでしたが、11時頃から集まりだして最終の解散が深夜1時、14時間も食べ続け飲み続け、しゃべり続けて、笑いが止まらないなんとも賑やかなパーティとなりました。皆が帰った後は、急に静かになってやや放心状態、「夏草や兵どもが夢の跡」って感じかな。あぁ楽しかった。

一夜明けた今日は、元々あった予定が台風接近で中止になってしまったので、何もすることがなく、結局一日中何もせず・・・でした。

JAIAアワードが届きました

執筆:2010年10月31日 日曜日 23:42 | 分類: アマチュア無線 | 編集

夏のQSO数のバロメータ、今年もJAIAアワードに挑戦しました。JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)が主催するアワード=賞で、7/15〜8/31の間に多くのアマチュア無線局と交信を行い、あるルールで点数を計算します。

100ポイントのクラスCから3000ポイントのクラスEXまで6段階あって、最上位を目指すアマチュア無線局はかなり多くの交信を行わないといけません。去年は1435ポイントでクラスS、今年は期間中に島移動もあったので2368ポイントでクラスSSと、最上位まであと一歩となりました。

ただし、ここから3000ポイントまで伸ばすには、あと300局以上のアマチュア無線局と交信せねばならず、非常に大きな大きな一歩です。来年の夏も参加したいですが、とてもとても、届かないクラスですねぇ。

またもや靴箱到着!

執筆:2010年10月30日 土曜日 09:49 | 分類: アマチュア無線 | 編集

昨夜、JARLビューロからQSLカードが届きました。前回に引き続き通称「靴箱」ですが、今回はギッシリ満タン詰まっていました。重さ4.3kg、積み上げた高さ34cmです。前回が3.2kg、25cmで1080枚でしたから、大体1450枚ぐらい届いた計算になるでしょうか。

前回は全部パソコンに入力するのに1ヶ月以上かかり、実はまだ全部は棚に整理出来ていません。11月は仕事が多忙のため、入力に2ヶ月ぐらいかかるかなぁ。

交信の履歴を見ると、このところペースが猛烈に鈍っているので、この騒ぎは次回到着分ぐらいまでかな。まぁ急がずにスローペースで整理することにします。

ジムニーで地球を走破る!

執筆:2010年10月18日 月曜日 22:12 | 分類: JA11V改 | 編集

ツイッタで4x4 MAGAZINEさんに御紹介頂いた、ジムニーで地球を走破(はし)る!っと言う本を読みました。

渋谷昭彦さんという方が、ジムニーで世界一周をされた時の記録本です。なんと、オフロード走行未経験どころか、4駆車も乗ったことがない、さらに思い立ってから会社を辞めて旅行資金を0円から稼いで旅立つっっと言う、すごいバイタリティーの方です(無茶?)。

私もジムニーに乗ってオフロード用のタイヤなどを履いておりますが、オフロードは未経験で、せいぜい未舗装道路ぐらいまでかな。山が好きだし実際に山奥にIターンした私にとって趣味と実益を兼ねたベストワンの選択だったジムニーですが、離島巡りなんぞを行うと、長距離走行も車中泊も結構辛い。コイツで日本中の離島に乗り入れたいとは思っていますが、世界一周なんて思いつきもしませんでした。相当な苦労の中で、よい経験をされたことが軽快な飾りのない文章の中に読み取れました。いいなぁ・・・。詳細はコチラ

私のジムニーJA11V、まだブログには全然登場していませんでしたね。購入してからの変遷、そのうち書きますm(__)m

自宅で144/430MHz開局

執筆:2010年10月18日 月曜日 08:02 | 分類: アマチュア無線 | 編集

昨夕、一念発起して自宅ベランダに、50/144/430MHzのモービルホイップを仮設してみました。っと言っても、ノンラジアルとして動作するのは144/430MHzのみですから、実際に使えるのは144/430Mhzのみです。手持ちのモービルホイップの都合で、こうなってしまいました。

自室のすぐ横がベランダですが、ベランダには屋根が掛かっているのでアンテナ用のポールが立てられない。仕方がないので、車載していたタモ網の伸縮棒の先端に、急遽作った基台を取り付け、屋根を避けるようにモービルホイップを斜めに立てる感じに仮設しました。「仮設」ですが、しばらく使えるように同軸ケーブルはきれいに処理して自室に引き込みました。

144/430Mhzとも、PHONE用にアンテナを立てるのは初めてです。随分前に実家にいた頃は、PHONE用に7/21MHzのダイポールと50MHzの5/8λ×2段GPを立てておりました。が、144Mhzはアンテナはなく、430MHzはパケット通信用のみです。430MHzは5/8λ多段GP(何段か忘れた、昔ウエダ無線で売ってた黄色いヤツ)、15eleウェーブハンタ、モービルホイップを立てておりましたが、全てパケット通信用でした。昔住んでいた近郊住宅街では、144/430MHzはバンド中が違法局に占領されていて使い物にならなかったこと、144Mhzは独特な雰囲気で入り込めず、50MHzはマナーのよい先輩方がたくさんいて、50Mhzだけで充分楽しめたからです。

ところが現在では、50MHzは閑古鳥、144/430MHzは違法局がいなくなって使いやすくなったため、430MHzのFMでは真面目な移動局との交信が楽しめるようです。そんな訳で、とりあえず7〜430MHzのオールバンドが出られるようにアンテナを整備、どの程度の範囲と交信出来るかを試してみたくなった次第です。

早速、ご近所のJE3KXBさん、JF3LCHさんからお声が掛かって交信成立出来ました。JF3LCHさんはハンディ機では全く受信が出来なかったので一応の効果はあったようです。

霞ヶ浦アワード クラスS賞を頂きました

執筆:2010年10月02日 土曜日 19:55 | 分類: アマチュア無線 | 編集

霞ヶ浦アワード クラスS賞

千葉県の霞ヶ浦(かすみがうら)にちなんだアワードで、沿岸12市町村と交信するクラスA賞と、流域24市町村と交信するクラスS賞があります。有効な交信期間が2010年4月〜10月末と7ヶ月しかないので「北関東を集めてみま賞」と同様意外と難しいです。クラスS賞が達成したのでついでにクラスA賞も一緒に申請しようとしたら、クラスA賞とクラスS賞は別のアマチュア無線局と交信する必要があるとのこと。調べると、少しだけ要件を満たさなかったので、難しい方のクラスS賞のみ申請しました。

「新撰組」なるメンバーが発行されていて、電子メールで申請すると無料で頂けます。 詳細はコチラ


<<- prev [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 ] next ->> | 投稿