Enkai-Net  btuの毎日を綴ります アクセス数:003627回
 日誌(HOME)> - アウトドア
ページ: [ 1 | 2 ] next ->> | 投稿

冬モード終了

執筆:2005年03月27日 日曜日 22:11 | 分類: アウトドア | 編集

今年はどういう訳か雪が多く、数日前も降っていました。スキー場もまだまだ雪が積もっているようなんですが、仕事の都合で当分の間休めそうになく、本日ついにスタッドレスタイヤを脱いでしまいました。

スキーー板やタイヤチェーンも既に降ろしているので、完全に冬モード終了。最近は山林で遊ぶことが多いので、春モード突入かな。

スキーデビュー

執筆:2005年02月21日 月曜日 19:13 | 分類: アウトドア | 編集

余呉高原スキー場に行ったのですが、今年は雪が多いためか滋賀県の割には雪質も良く、それなりに楽しむことが出来ました。

でで、待望の我が娘達のスキーデビュー!

上の娘(4歳)は始めのうちはツルンツルンして立つことも出来なくて難儀していたのですが、果敢に挑戦し続けて、自分で立って歩く程度までになったのです!下の娘(2歳)もちょっとだけスキーのまねごとをして満足(^^) ソリや雪遊びも楽しんだようです。

「またスキーしたい?」っと聞くと、に二人揃って大声で「またしたいー」っと嬉しい答えが返ってきました。

最後にパパも負けじと滑り始めたのですが、やっと勘を取り戻して楽しくなってきた頃・・・乗ったリフトが10mほど進んでストップ。すぐに動き出すと信じていたのに待つこと30分、気付くと後ろの方で何やら救助活動開始。伸縮する棒で上のワイヤーにフックをかけ、それについた滑車にロープを通し、皆が見守る中でTVで見るヘリでの救助シーンみたいにつり上げられて(でも下では人力で引っ張ってる)救助されたのでした。珍しい体験をしてしまいました。

遅ればせながら再冬支度

執筆:2005年02月07日 月曜日 00:14 | 分類: アウトドア | 編集

会社の同僚達と家族連れで日帰りスキーに行くことになり、6年ぶりにスキー支度が始まりました。

今回は4歳・2歳の子供達がスキーデビューなので、ウェアーはお古を頂いたもののそれ以外は全て購入。また、おもちゃのスキーやソリも購入して総額2万円也。

あと、他にも理由があって、昔から欲しかったスタットレスタイヤをついに購入し、こちらはホイール込みで8万円ちょっと也。

お金がかかる遊びだなぁ・・・。5年前に購入した未使用の樹脂チェーンも点検OK、車の余分な荷物も降ろし、あとは親達の道具達を掘り出すのみです。

冬支度

執筆:2004年11月16日 火曜日 14:14 | 分類: アウトドア | 編集

アウトドアグッズの倉庫と化している車から大半を降ろし、タイヤチェーンを積み込みました。

我が家は思いつきで行動するので、夏の間はいつどこにでかけてもいいようにテントやらイスやら積みっぱなしにしているのですが、冬になると今度はいつどこにでかけてもいいようにタイヤチェーンを積み込み、また灯油を買って持ち帰るためのスペースを作らないといけないから、アウトドアグッズの行き場はなくなって家の倉庫に眠ってしまうわけです。

我が家にとっての一番大きな衣替えかな。

非常持ち出し袋

執筆:2004年09月26日 日曜日 22:21 | 分類: アウトドア | 編集

究極のアウトドアと言えば、天変地異時にいかにして生き抜いて家族を守るか・・・サバイバルですよね。

最近の台風や地震で久々に目覚め、非常持ち出し袋を整備し始めました。市販の非常袋は高価な割に中身も袋も対したことなく、避難時には逆に足手まといになりそうです。そこで我が家では私なりに考え、出来るだけお金を掛けずに・・・でもポイントは押さえて整備し始めました。

非常袋

一番重要なポイント。使っていない登山用リュックを流用しました。機能的で丈夫で、言うことありません。

懐中電灯

電池レスで振って発電して蓄電するタイプを購入しました。いざ使う時に電池切れや、電池が液漏れして器具が傷んでいたら何にもなりません。また、火を使うランタンは地震の時には心配です。リュックの一番取り出しやすい場所にセットしました。

ストーブ

道具で一番大事なものは加熱器具。信頼出来るキャンプ用のガスカートリッジタイプのコンパクトな器具が余っていたので流用することにしました。

食器類

安いアルミのキャンプ用コッヘルセット(お椀タイプが3つ重なっている奴)を購入しました。割れないし、これだけで加熱調理、コップの代用、全ての食事場面で役に立ちます。あと、スプーン・フォークが4つずつ付いたセットはしっかりした物を購入しました。避難生活でも食事器具はちゃんとしたものを使いたいですもんね。

ナイフ

最近ホームセンターで買えるチャチなのは信用出来ない。かといって大きなものは使えないし邪魔になる。やっぱり昔から手に馴染んでいる、ヴィクトリノクスを購入しました。これ一つで缶切りや栓抜きまで出来る優れものです。

ライト付きラジオ

通販で手巻き発電機が付いたものを3800円で見つけたんですが高くてNG。昨日、景品目当てで行った電気屋で1800円で売ってたのでゲットしてきました。単4電池駆動ですが、電池が切れても1分間ハンドルを回せばラジオ30分間かライト1分間使えます。景品で大きなコールマンの手提げカバンを貰ったので、子供達の着替えを詰めて避難出来そうです。500円ぐらいは浮いたかな。

バーゲンで2L 88円だったので2本購入しました。

食料

始めはインスタント食品を考えていたのですが、意外と賞味期限が短く半年ぐらいなんですよね。多分、フライ油あたりが劣化するのでしょう。少々値は張りますが、保存食として売られている物で揃えました。ごはん8食分、あんこ餅1パック(10ヶ)、わかめスープ・コーンスープ1箱(各4食)、乾パン小3缶。スープはインスタントのため賞味期限1年、その他は5年。以上で4千円弱です。

応急処置セット

100円均一の店で、救急絆創膏通常サイズ・特大サイズ、粘着シート、粘着テープ、ガーゼ、コットン、包帯、アルコール綿などを吟味して購入しました。転んだり落下物で怪我をしたことを想定して、多少の止血が出来るようにしました。

その他

タオル(小4大1)・新聞紙・ゴミ袋大を、濡れないように丈夫な袋に詰めました。あと、薄手のレジャーシートも入れました。

カバンを含めて11kg弱と非常持ち出し袋としてはかなり重い部類に入るとおもいますが、半分ぐらいは水ですので仕方ないでしょう。カバンがしっかりしているので重さは感じられず子供を抱いても避難所まで充分たどり着けると思います。水の量から1日分を想定して食料を揃えましたが、ごはん類はもう少し増やしてもいいのかな・・っと思います。手持ちの物を流用したかいあって全部で15,000円程度ですが、市販の1〜2万円のセットよりはかなり充実していると思います。

変更履歴

榛原子供のもり公園

執筆:2004年08月22日 日曜日 22:00 | 分類: アウトドア | 編集

保育園のイベントを「榛原子供のもり公園」で開催しました。

子供用のアスレチック・スベリ台・水遊び場があり、一日楽しめました。キャンプ場には常設テントと、広い芝生公園でテントの持込(宿泊)とBBQが出来るようになっています。どれも予約制で場所取りの心配はありません。

BBQは既設の丸テーブルの中心が炭コンロになっていて、鉄板は場 所代(2000円)に含まれています。コンロの持込は不可ですが結構大 きいので、大人10人以上大丈夫です。また、テント1張は許可され るので、暑さ・突然の雨にも対応出来ます。

昼から夕方までアスレチック三昧でクタクタになり、夕方から榛原の地元の肉屋で格安で購入した高級榛原牛でBBQを楽しみ、一日中楽しく遊べました。ほんっとに皆にお勧め出来るいい場所です。

アウトドア探しその2

執筆:2004年07月04日 日曜日 23:00 | 分類: アウトドア | 編集

今日は、1件集中で思いっきり遊んできました

アクトパル宇治

京滋バイパスの笠取出口近くにあり、先週のくつわ池自然公園の少し奥になります。 キレイに整備された野外活動の場で、遊ぶだけなら無料でした。山 の中のアスレチックが本格的で、子供に付きそうパパも大変でした (子供は何であんなに元気なの?)。うちは入りませんでしたが、川 遊びも出来ます。 BBQなど火を使うには野外炊事施設を借りる必要がありますが、完 全予約制なので場所取りの必要はありません。 宿泊施設もありますが、夏休みは満員でした。常設テントなら空いてるかも? 中でも定員10人ほどの「山の家」は昔の家をそのまま使っている感 じで、8月は無理でも9月か10月に遊びに行きたいと思いました。

アウトドア探し

執筆:2004年06月27日 日曜日 23:00 | 分類: アウトドア | 編集

保育園の行事でBBQが出来る宿泊施設を探してます。今日は、京都府南部を調査に出かけてみました。

山城森林公園

自宅近くから30〜40分程度でたどり着きました。 山中にあるため、ロッジなどの前はちょっと狭くて大勢でBBQするのは難しそうです。 小川の河原にテントなどを広げて行うことになりそうですが、係りの方によると夏休みは超大勢来るのでものすごくごったがえすそうです。 個人的には自然そのままに感じが好きでまた来たいなと思ったのですが、大勢では難しそうな気がしました。 ガイドブックなどでは「レストヴィレッジ山城」となっているみたいです。BBQは簡単にして山遊びを楽しむことを主体にすればすごく面白そうです。

鴻巣山運動公園

さらに進むこと30分、城陽市にあります。 きれいなホテルのような宿泊施設があってBBQスペースもあるのですが、施設内なので全て用意された感じになってしまいます。運動公園はものすごく広くて、木で出来た万里の長城みたいな要砦や、ながーい滑り台など子供たちは大喜びでした。でも大人は超しんどい^^;。 今回は行けませんでしたが、近くに野外活動センターもあるようなのでBBQやキャンプはそちらで出来るかもしれません。要チェックです。

末山・くつわ池自然公園

直線距離では鴻巣のすぐ隣、山を挟んだ東側の宇治市にあります。 ちょうど閉店(17時)を過ぎたところで到着したので係りの人がいなくて、中に入ってから鎖がしまって出られなくなったらいや(経験あり)なので、引き返してしまいました。 アスレチックやバンガロー・キャンプ場もあるので、ちょっと楽しめるかも知れません。今度は朝から行ってリサーチしたい所です。

総評

結局、ドライブしただけの中途半端なレポートになってしまいましたが、子供達は大きい公園めぐりをしてそれなりに楽しんでいたようです。課題も残って休日の楽しみも増えました。 全然遊ぶ所を知らないので、他にも色々と探りを入れてみたいと考えています。

バーベキュー大会主催

執筆:2004年05月21日 火曜日 00:41 | 分類: アウトドア | 編集

久々に大人数でのバーベキュー大会を主催することになり、準備を楽しんでいます。ファミリーや単なる参加者の時を除くと、約10年ぶりかな?

学生の頃はしょっちゅう集まって近所の河原で楽しんでいたんだけど、就職して忙しくなって遠のき、さらに結婚して遠のいていたんだけど、今度は3歳の子供の保育園のお友達と集まります。

歳を取ったんだなーっと思いつつも、歳を取ってもやってることは同じだ・・・なーんて考えてます。

準備と言っても、機材を車に積み込むだけなんですんけどね^^; 昔はそう言えば、夕方に長崎屋に行き、半額の肉を買いあさったものだ^^;;

ドーム型テントは必ず固定して

執筆:2004年04月19日 月曜日 00:27 | 分類: アウトドア | 編集

今日は葛城山麓公園にお弁当を持ってミニアウトドアに出かけました。最近は子供がアウトドア好きになってしまって、休日は強制アウトドアで困ってます^^;

お弁当を食べる時にドーム型テント風の小型の日よけを使用していたのですが、目を離したスキに上の子が遊びに行ってしまったので、「離れる時は固定するか、たたんでからやで」と言い残して追いかけたのですが、気付くと妻が横にいる。案の定、テントはそのまま。

何度か気にしてたんですが、フト気付くとテントが消えていて斜面の下の方に落ちてしまっている。皆わかっていると思いますが、一瞬でも離れる時は・・・っつうか、使用する時は必ず固定して下さいね。もう少しで下の人にぶつける所でした。あぶないあぶない・・・

ん?そんなことするのうちだけか^^;


[ 1 | 2 ] next ->> | 投稿