Enkai-Net  btuの毎日を綴ります アクセス数:002624回
 日誌(HOME)
ページ:<<- prev [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 ] next ->> | 投稿

Google ローカル

執筆:2006年02月06日 月曜日 00:36 | 分類: web技術 » etc | 編集

前回書いたGoogle Earthは地球儀から衛星写真を見るだけのお遊びに近い地図でしたが、実はもっと実用的な地図がBETA版(試供版)ながら、日本版Googleから提供されています。

Googleのホームページから、more >>マップとたどると「Googleローカル」と言うサービス名の地図サービスにたどり着きます。「マップ」でなく「ローカル」をクリックすると、同名のサービスながら、使い勝手が少し違うので注意して下さい。また、BETA版(試供版)なので、執筆している今現在はこのような動作ですが、突然サービス内容が変更となる可能性が大きいのでご注意願います。

この地図には、Googleで検索して出てくるお店や地名などの情報が組み込まれていて、例えば「大阪ドーム」などの建物名で検索するとその場所が表示されたり、「??工務店」などの会社名で検索すると該当するリストが表示され、その中で探したい場所を選ぶとその場所が表示されたりする優れものです。もちろん、「奈良市針町」など住所を入力すると、直接その場所が地図表示されます。

これだけでも十分過ぎるぐらい役に立つのですが、この地図の面白い所は、英語版Google Earth(衛星写真)とリンクされていて、地図が表示された状態で「マップ」「サテライト」をクリックするとほぼ同じ場所の地図と衛星写真が交互に見れることです。衛星写真の状態で表示場所を移動して地図に戻ったらちゃんとその場所の地図が表示されます。Google Earthの致命的な欠点を見事に克服しているし、動作も軽く使いやすいので、ベータ版で終わらず、是非本格運用にして欲しいと思います。

「ローカル」と「マップ」の両方共ベータなので、テストの結果で両方の機能を組み込んで正式運用になるのかな・・・なんて勝手に想像しています。ほとんど同じですが、「ローカル」はお店を探す方に重点を置いているのに対し、「マップ」の方は地図を見ることに重点を置いているようです。

Google Earth

執筆:2006年02月05日 日曜日 22:48 | 分類: web技術 » etc | 編集

検索で有名なGoogle(グーグル)が最近、検索やデスクトップサーチ以外にも色々な機能を提供してくれています。Googleのホームページmore >>をクリックすると開くメニューで提供してくれているのですが、今回はここにない、英語版でしか提供していないGoogle Earthを体験してみました。

これは衛星写真で構成された地球規模の地図で、インストールするとその名の通りまず地球儀が表示されます。マウス操作でグルグル回して見たい地点をどんどん拡大して行くと、衛星写真がどんどん拡大され、地点によっては車の形や色が判別出来るほど鮮明に表示されます。軍事用途で使われてる写真はもっと鮮明に見えているはずで、こんなので監視されていると思うとちょっと怖い・・・もちろん私は監視されるような身分ではありませんが^^;

ただ、インターネット経由で詳細な画像を次々にダウンロードしながら表示しているため動作が非常に遅く、また地名での検索が出来ず写真の地形から探すので、道路地図には使えず、知っている場所の衛星写真を見る程度=完全なお遊びの用途にしか使えません。しかしながら、絵で描いた地図とは違い実際の町の状況がつかめるので、自宅近くを見ていると、まっすぐ伸びていると思っていた道路が意外と曲がりくねっていたり、ただの山だと思ってた場所が前方後円墳だったりして、意外な発見を楽しめます。

英語版Googleの中の、http://earth.google.com/からダウンロード出来ます。全部英語ですが、Downloadや機種名を順にクリックしていくだけなので、簡単な英語力さえあれば使えると思います。

Googleデスクトップ

執筆:2006年01月25日 水曜日 21:48 | 分類: web技術 » etc | 編集

最近流行のGoogleデスクトップをインストールしてみました。(インストールはコチラから)

デスクトップサーチとは

サーチエンジンと言えば、YahooやGoogleなどの検索サイトが有名ですよね。これはインターネットの情報を整理して、見たい情報が含まれたサイトを検索するサイトの事です。デスクトップサーチとはこれをさらに発展し、パソコンに保存された情報も整理し、瞬時に検索出来るようにしたツールのことです。

Googleデスクトップを使った感想

インストール後の初期設定では、画面の端にWindowsのメニューの様に表示しておき、そこにニュースやメールを表示するようになっています。最新情報が次々と更新され表示されるのは便利なのですが、表示範囲が狭いので見づらく、新しいニュースが来る度に勝手にチラチラ出てくるのが邪魔で一旦はアンインストールしてしまいました。

その後、もう一度調べるとカスタマイズ出来ることがわかって再インストール。今度は、「デスクバー」として表示してみました。「デスクバー」とは、Windowsのメニューバーの端に小さく検索窓だけを表示しておくもので、そこにマウスを持って行って窓に検索文字を入力すると、インターネットやパソコン内から必要な情報を探し出して表示してくれます。つまり、「調べたい」っと思った時にパソコンが起動していれば、いつでも情報が探せるのです。コレは便利!Firefoxブラウザと共に、手放せないツールとなりそうです。

Googleデスクトップとは

Googleデスクトップは色々な形で表示出来、また情報がどこにあるかに関係なく検索して表示します。始めに設定しておくと、興味があるニュースや情報が更新されると勝手に表示して教えてくれるので、「情報は探しに行くもの」から「情報は待ってれば勝手に入ってくるもの」に変わってしまいます。一度使ってみると、パソコンの使い方まで根底から変えてしまう驚異のツールだと言うことがおわかり頂けると思います。

ただ、私が初めに失敗したように、初期設定が何でも表示するようになっているため、一歩間違えるととんでもなく邪魔なツールになってしまいます。インストール後はまず何も表示しないようにし、単なる検索窓にしてしまうことをオススメします。その後、使い慣れた頃に音楽やスポーツなど興味のある情報を徐々に表示するようにカスタマイズ(設定変更)すれば、本当に便利なツールになると思います。

ショウガを食する

執筆:2005年11月23日 水曜日 15:56 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

新生姜が思ったより多く収穫出来たので、その利用法を考えました。まず思いついたのが生姜の甘酢漬け。回転寿司屋さんなどで机の真ん中に置いてあり、食欲を促進してくれるアレです。妻が作るので私には作り方はよくわかりませんが・・・とれたて新生姜が一番おいしく食べられるのがコレですね。新生姜の辛さが引き立ち、一段とおいしい甘酢漬けとなりました。

次に思いついたのが生姜の砂糖煮。枚ぱ(枚方パーク)の前のおみやげ屋さんで売ってる、枚方出身の私には懐かしいおやつです。私が好きなのを妻が覚えてて、作ってくれました。売ってるものはもっと生姜が白くて砂糖が全体についてキレイ見えるのですが、そこは手作りの良さ、見かけは劣るけど味は劣らない、やはり新生姜が引き立つおいしいものです。

※「ひらかたパーク」は最近のCMの効果か「ひらぱー」と呼ぶ人が多いようですが、地元では昔から「枚ぱ」と略して親しまれてました。春から順に花見・バラ、プール、菊人形、スケートこれが家族・学校・友達とあちこちから行くので、年に何回も通ってました。

まだ小の生姜が残ってるので、紅ショウガや天ぷらが楽しめそうです。収穫の時には「こんなに穫れてどうやって食べよう」っと言ってたのに、結果はあっという間にお腹の中。来年は大の生姜に限定し、もっと収穫量を確保しよう。

ショウガ収穫

執筆:2005年11月20日 日曜日 19:00 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

ホームセンターでショウガの苗(スーパーで売ってる生姜と同じ物みたい)を見て気になり、初めてのショウガ栽培。地上に出てる葉や茎は知人に「なんで笹なんか植えてるん?」と言われるほど、周囲に雑草として生えてる笹そっくりで、「ほんまにこれがショウガなんだろうか?」っとちょっと心配でもありました。でも、高さはあまり変わらないけど、茎が日に日に太くなり、また地上に出る芽がどんどん増えている感じはちょっとだけ期待出来るものでした。そして本日収穫、期待以上の大きさ、収穫量にびっくり!大満足でした。


種ショウガを50g〜100g程度(よく見るショウガの大きさ)に分割して植えると、芽が出て成長し、その根本(種ショウガの上部)がふくらんで新ショウガが出来ます。その後、新ショウガが成長→芽が出て成長を繰り返し、新ショウガが育ってゆきます。収穫後、種ショウガ(写真で一番下の黒っぽい部分)はそのまま残っていて、土ショウガとして普通に薬味などに食用します。新ショウガ(茎がついてる赤みがかかった部分)は種ショウガ5〜6個分ほどの大きさに成長し、酢漬けなどにして楽しみます。

今回はショウガ大小2種類のショウガを植えましたが、小はたいして成長せず期待以下、大は大成功となりました。大の収穫量=5株で約2kg、小=1kgでした。

マイクロドライブ

執筆:2005年11月19日 土曜日 18:45 | 分類: カメラ | 編集

デジタル一眼レフカメラには、ちょっとだけ奮発して512MBのコンパクトフラッシュメモリを使っていました。これだと、私のカメラ(Canon EOS Kiss Digital N)のL(3459x2304)の低圧縮で129枚、S(1728x1152)の低圧縮モードで394枚記録出来ますので、購入前の撮影枚数を考えるとこれで充分だと考えていました。SでもL版プリントには充分すぎる画素数なので。

ところが、本格的に使い出すとデジカメの利点を大いに生かし、撮るわ撮るわ、まさに「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」でどんどん撮影し、運動会などのイベントでは400枚でも足りません。連射した不要なコマやピンボケを消去すると半分ぐらいに減るのですが・・・^^;

で、容量の大きいコンパクトフラッシュを物色していたのですが、1GB(1〜2万円程)だとあまり増えない、2GB(4万円程)だと高くて買えない・・・値下がりするのを待とうっと考えてました。本日、ウエストバッグタイプのカメラバッグを近所のカメラ量販店で物色していると、マイクロドライブ発見!これはコンパクトフラッシュと同じ形状で中身がハードディスクになっているもので、当然フラッシュメモリより安価です。実際の値段を知らなかったのですが、2GBの容量で1GBの安いフラッシュメモリと同価格(12,800円)で、即決で購入しました(^O^)

中身がハードディスクなので、当然のことながら瞬間的なショックに弱いのですが、これはカメラも同様なので心配には及ばないでしょう。最近のハードディスクは随分強くなったので、カメラの方が先に壊れるかも。あと、速度の不安があったのですが、実際の連射テストで安価なメモリに劣るとは感じませんでした。高価な高速メモリには劣るかも知れませんが、少なくとも私の使い方では全く問題になりません。

しばらく悩んでいただけに、ちょっといい買い物が出来て得した気分でした。

天体観測

執筆:2005年11月15日 火曜日 22:00 | 分類: カメラ | 編集

日曜に頂き物の天体望遠鏡が届いたので、早速夜の奈良公園に星の観察に出かけました。

天体望遠鏡はSkyDream MK300なる初心者用小口径(60mm)ですが、初めての天体望遠鏡なのでまぁこんなもんでしょう。で、付属の三脚をセットして月をキャッチし、徐々に倍率を上げて・・・

すごいっ、怖いぐらい鮮明に、本でも見たことがないような凹凸までくっきりと見ることが出来、感動しました。宇宙飛行士が歩いてたら見えそうなぐらいです。子供達も順に覗いて楽しんでいました。倍率は100倍程度のようですが、月の観測にはちょうどいいようです。

ただし残念ながら、三脚がぐらつく、接眼レンズ(?)を交換するとセンターがずれる・ピントがずれる、一眼レフ用アダプタが用意されていない・・・など本格的な天体観測には向いてないようです。接近している火星にもチャレンジしましたが、肉眼よりはっきり見えるなー程度で、それより見える位置にセッティングするのに苦労するので嫌になります。

ついでに、デジタル一眼レフ+望遠レンズで月の写真を撮ってみたのですがことごとく失敗。本日改めて、家の窓から撮影しました。 (Canon EOS Kiss Digital N, Tokina AT-X840AFII, 400mm, 1/640秒, F/5.6, ISO-100)

ウィルス対策ソフト

執筆:2005年11月14日 月曜日 21:00 | 分類: パソコン | 編集

色々と訳あってウィルス対策ソフトの乗り換えを検討中だったのですが、契約期間が切れ「つなぎ」として別のパソコンで導入していたフリー(無料)のウィルス対策ソフトを本格導入してみました。

無料のソフトと言うとちょっと不安ですが、上位バージョンは有料なので、ウィルス検出機能は市販品と遜色ありません。今まで使っていたソースネクスト社のソフトよりはスマートで快適に使用出来ます。また、昔使っていたノートン社のソフトは動作が重く難儀しましたが、そのようなこともありません。マカフィーを含め、今まで使った3社のソフトと比較しても一番の出来だと思います。

【導入したソフト】
avast!(http://www.avast.com/i_kat_207.php?lang=ENGから[Download]をクリックするとダウンロード出来ます)

フリーソフトですが機能は本格的で、動作も軽く不満はありません。ダウンロードは英語ですが、途中で言語を選択するとインストールや使用は日本語になります。最新のウィルスにも自動で対応しますが、winny専用ウィルスなど日本独特のものへの対応は遅れるようです。

個人的な使用は無料ですが、ユーザ登録することで12ヶ月のライセンスを取得する必要はあります(この部分は英語で行う必要があります。詳細は上記ダウロードページのページに英語で書かれています)。サブのパソコンで使い始めて3ヶ月ほどになりますが、スパムメールなどは全く届きませんので御心配なく。

Tokina AT-X840AFII

執筆:2005年11月13日 日曜日 13:00 | 分類: カメラ | 編集

一眼レフデジカメを購入して半年、レンズはTamron XR DiII A14(18-200mm F3.5-6.3)1本で色々な対象を撮影してきました。

そうするとどうしても気になるのがレンズ、マクロや望遠、単焦点など、カタログやメーカのWebサイトなどを眺めては、知識を深め、欲しいレンズを絞ってきました。その中で、やっぱり一番に欲しいのが望遠レンズ。ある程度ズーム幅がないと使いにくい、重たく長いと使いにくい、300mmでは200mmと大差ないので400mm以上が欲しい、そして10万円を越えると手が届かない・・・っとキャノン、タムロン、シグマ、の各レンズカタログを見てはため息をついていました。

で、ちょっとした事から知ったTokinaなるレンズメーカー。種類は多くはないですが、割と安価で欲しいレンズがあるっと言う印象で、熱狂的ファン(?)もいるようです。そこでAT-X840AFII(80-400mm F4.5-5.6)を発見、ズーム幅がちょうどよく、全長136mm重さ1,050gは驚異的なコンパクトさです。価格.comではピントが甘い・フォーカスが遅いとの悪評と、いいレンズとの好評と半々ぐらいの意見でした。そして、最安値を出している地元の店を発見、ネットで注文してお店で引き取りし、思ったより安い価格で買うことが出来ました(^O^)。

本日広い公園で子供の保育園の集会がありレンズの試用。さすがに18-200mmのように常時首にぶら下げて歩き回るのは辛いものの、短時間であればそれも可能な実用的な軽さ。80mmと最短撮影距離2.5mの制約が時々邪魔をするものの、広い公園ではほとんどコレ1本で撮影可能で、所狭しと走り回る子供達を撮影するには400mmの超望遠はかなり威力を発揮し便利でした。心配していたピントの甘さ・フォーカスの遅さが気になることもありましたが、マニュアルフォーカスを併用すれば問題ありません。超望遠の領域では仕方がないことっと言うか、人が多い公園で対象物に正確に合わせるにはマニュアルの方が精度が高いでしょう。また、400mmってことで手ぶれも心配しましたが、曇りの屋外では手ぶれによる失敗は全くありませんでした。

っと言うわけで、始めに購入した1本と合わせ、お気に入りの2本となりました。

秋じゃがいも収穫

執筆:2005年11月04日 火曜日 00:08 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

久々に、山林の畑に行くと、じゃがいもが枯れていたので収穫しました。結果は・・・超残念な結果でした(T_T) 万全を喫して畝を広くとったり多すぎる芽を抜き取ったりと頑張ったのに効果なく、収穫量は春じゃがの1/5以下、かなりガッカリでした。針は奈良の中でも雪が多く寒い方なので、秋が短く秋じゃがいもには向いてないのかもしれません。じゃがいもは暑さ・寒さに弱いようなので、生育期間が取れないのでしょう。来年は諦めて、秋はサツマイモにします。

今日はついでに、ショウガの試し堀りをしてみました。まだ小さいですが、一応実(?)をつけていて、少しは食べられそうです。初めてなので成功かどうかもよくわかりませんが、食べられるものは収穫出来そうです。

その後、庭での育苗を断念して、タマネギの苗を購入して植え付けました。100本で600円なので、素人の育苗では失敗も含めると買った方が安いことになります。育苗はなかなか難しく、苗を売ってるモノは苗を買う方がいいようです。


<<- prev [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 ] next ->> | 投稿