Enkai-Net  btuの毎日を綴ります アクセス数:002625回
 日誌(HOME)
ページ:<<- prev [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 ] next ->> | 投稿

じゃがいも収穫

執筆:2006年07月09日 日曜日 19:34 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

今年もじゃがいも収穫のシーズンがやってまいりました。今年は3回に分けて収穫、家庭菜園2kg+7/1に4kg+本日14kgの収穫となりました。

収量は去年とほぼ変わらずですが、去年は多収のはずの男爵を3kg用意したのに小さいのをポロポロと収穫、今年は早生のメークインを1.8kg用意して美形を多数収穫出来たので、気分的にはそれなりに豊作であったと思います。

でもやっぱり今年も反省点。葉が黄色くなった後に葉茎が溶けた様になってしまったので、芋の生長が途中で止まった様に思います。原因は簡単、本来は3年周期ぐらいで植える場所を変える必要があるのですが、畑の準備の都合で同じ場所になってしまったこと。これは、間引きして隣の畝に植え替えたものがまだ元気だったことからも、大きな間違いをおかしていたことがわかります。ちなみにそのうちの1本は去年収穫し忘れた男爵だったようで、引き抜くと大型の芋がゴロッっと出てきたんでびっくりしてしまいました。

天からの贈りもの?凌霄花(ノウゼンカズラ)

執筆:2006年07月08日 土曜日 15:11 | 分類: 雑言 | 編集

去年の今頃に突然、我が家のアーチの蔓花茄子 (つるはななす)に混じって数輪の赤い花が咲きました。「何だろう何だろう??変だけどキレイだから残しておこう」と1年が経ち、気が付くと今年はアーチを覆うだけでは足らず、2階の屋根まで届いて壁の一角を覆い尽くすほどの勢いになっていました。蔓花茄子は老化してほとんど刈り取ってしまったので、2年でアーチの花が入れ替わってしまったようです。(写真は少し刈り取って整理した後に撮ったので、ボーボーになった状態をお見せ出来ないのが残念です)

最近、近所でも時々見かける様になったので、気になって調べたところ、凌霄花(ノウゼンカズラ)っと言うモノで結構古くから日本で栽培されているとか。和の雰囲気とトロピカルな雰囲気が融合したっというか、夏によく合う豪華な勢いのある花です。

勢いがあるのは花だけではなく、全体の成長ぶりも目を見張るモノがあります。去年は1本の細いツルがアーチの上部まで伸びて数輪の花が咲いていただけだったのですが、今年になってよく見ると、去年は細いツルだった部分が直径3cm程度の木になっていて、そこから上へ上へとグングン2m以上も伸びました。ちなみに我が家の凌霄花はたった1株だけ、しかもまだ2年目、それも突然生えてきたものです。

折角授かった凌霄花ですから、引っ越し先にも連れて行こうと、挿し芽に挑戦してみました。本当は春先にツルを地面に引っ張って土をかけておいたら勝手に根が出て増えるらしいのですが、時既に遅し、とりあえず剪定して刈り取ったものを気根を含む様に分割して、育苗ポットに植えてみました。うまく根付くかどうかは・・・天まかせです。

ただ今、育苗中(その2:植え付け編)

執筆:2006年06月18日 日曜日 02:55 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

育苗の流れその1:種まき

200穴育苗トレイに土をすり切り1杯いれ、トントンと叩いて土を隅まで行き渡らせ、さらにすり切り1杯にします。その後、同じサイズのトレイを上に重ねて、その上から手のひらでギュッと押さえつけて土を締め付けます。ふわふわの土を押さえつけるのはもったいない気もしますが、隙間を小さくして保水性をよくする大切な作業です。また、押さえることでしっかり根が張れて立派な苗が育ちます。靴で踏みつけたカチカチの土の方が、頑丈な雑草が生えるのと同じ原理です。

次に押さえて出来た凹みに種をまきます。2mm以下の小さな種は1穴に付き2〜5粒、重ならない様にまきますが、1穴にまく粒の量は種の大きさと値段(一袋に入っている量)を基準に調整しています。豆類など、大きな種は1穴に1粒となります。また、用意する苗の量は、種の袋に書いてある量(「1ヶ所に3粒まく」と書いてあれば1穴に3粒)をまいた時は植えたい量の1.5倍ぐらいが目安で、1穴に1粒まいた時は2倍ぐらい用意する様にします。

その後、またすり切り1杯まで土を入れ、トレイを重ねて土を締め付け、もう一度すり切り1杯まで土をいれます。そして、ジョウロで静かに水をやりますが、底の穴から少し出るくらいたっぷり水を与えます。トレイの外で水を出し始めて出る量を一定にしてからトレイの上に移動させる感じにすると、大粒の水が土に穴を開ける事が防げます。水をやると土が少し沈み、上部に数ミリのくぼみが出来ます。次からの水やりの際、ここに水が溜まってしっかりと吸水する役目を果たします。

育苗の流れその2:管理

春先などまだ寒い時は、芽が出るまでは発芽温度に合わせて暖かい室内で管理します。が、まったく日が当たらないとカビが生えて種が腐ることがあるので、たまには窓際などで日光に当てます。ゴールデンウィークが過ぎると室内の方が涼しくなってしまうので、屋外の日当たりのいい場所に置く様にします。

土が少ないので、朝夕の2回はチェックして表面が乾燥していればたっぷりと水やりをします。一度芽が出る準備が出来た種が乾燥したら枯死して二度と復活しませんので注意しますが、逆に乾燥する前に水やりしすぎると種を腐らせてしまいます。日差しが強くなって土の乾燥が激しいようであれば、半日陰に置きます。

芽が出た後は、必ず日光に当てる様にします。寒い季節は室内の暖かい窓際、暖かくなってからは半日陰がいいでしょう。苗の間は、強い日差しは避けます。芽が出てからは養分が必要となりますから、週に1度程度水やりの時に薄い液肥を与えます。

育苗の流れその3:植え付け

本葉が増えて隣同士が重なる程度になると、トレイ内に根が回って根鉢が形成されています。そうすると苗はそれ以上大きくなれないので、植え付け時となります。トレイ底の穴に裏から棒をつっこむと、スポッと土ごと根が抜けますから、土を崩さない様に植え付けます。土が乾燥すると崩れやすくなりますから、植え付ける1時間ぐらい前に水やりすると土が落ち着きます。

植え付ける畑にも、植え付ける少し前に水をまいておきます。それから、苗の大きさの穴を開けて苗をそっと置き、土を寄せてしっかり押さえて安定させます。植えた後も、しっかり水やりをして落ち着かせます。苗が少し弱々しい時や、すぐに畑に植え付けることが出来ない場合は、育苗用のポットに植えてもう少し育てます。

植え付けグッズ

植え付けの時、図の様なグッズがあると便利です。トレイにモルタルなどを入れて、先が少し細くなった割り箸を立て、固まるのを待ちます。

そうやって出来た植え付けグッズを植え替え先の土にズボッと突き刺すと、丁度苗の土と同じ形の穴があくので、そっと苗を入れると簡単に植え付ける事が出来ます。これは無茶苦茶便利...っというより、コレがないとキレイに揃えて植えるのは無茶苦茶面倒です。

ただ今、育苗中(その1:土作り編)

執筆:2006年06月18日 日曜日 02:09 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

まだ寒さの厳しい春先より、育苗に再チャレンジしてある程度の結果を出しつつあります。種から苗を育てて植え付けたキャベツが庭の家庭菜園で生育中、とうもろこしと枝豆も山林の開拓地でしっかりと育っているようです。その他に、アスパラガス・落花生・キャベツが育苗中で、新たにゴマ・きゅうり・オクラ・いんげん・ブロッコリーの種もまきました。(写真は1週間前にポットに植え替えた時の落花生)

そこで、微力ではありますが、少しまとめてみようと思います。っと言っても家庭農園歴1年のど素人の備忘録です。

まずは勉強

本に書いてある記事や、WEBで見かけた体験談は貴重な情報源です。書いてある事が100%自分にあてはまることはないのですが、失敗した時の原因はほぼ100%、本やWEBの記事に書いてある事です。基本は同じ、そこに地域性や自分の環境を加味してアレンジしていくことが、成功への近道だと実感しました。

容器

大根など根モノを除けば、200穴の育苗トレイを使用して育苗することが今のところ一番成績がよいようです。面積・体積が小さいので、

などの利点があります。

直接畑にまくと、水やりなどの管理が大変だし、そもそも畑が自宅から離れた場所にあると管理が出来ません。また、万が一失敗した際にも、畑に直接まいたり、9cmポットなどに比較すると ダメージが小さいです。

200穴のトレイそのままでは大きすぎて扱いにくいですから、私は30穴ごとに切り離したものと10穴に切り離したものを使い分けています。だいたい30穴で6mの畝1列分(20本+予備)の計算となります。

庭の家庭菜園の土や山林の腐葉土を含んだ土など色々試しましたが、やはり市販の土を使用するのが一番よいです。体積が小さい育苗トレイやポットでは、水はけと水もちが大変重要で、自家配合では芽が出てもすぐに枯らしてしまいます。畑によい土と育苗によい土は違うのです。

「種まきの土」や「育苗トレイの土」として売られているものがベストですが、「花と野菜の土」の3〜10倍ぐらいはして高いので、私は20リットルで2〜300円程度の「花と野菜の土」(肥料なし)に自家製の腐葉土をフルイにかけたものを2〜3割混ぜて、保水性と微量肥料を強化しています。育苗トレイは土の使用量が少ないので、一袋買うと相当数の苗を作る事が出来ます。購入時は、肥料の含有量や酸度をチェックしますが、記入がないものは信用出来ないので購入しない方がよいようです。


恵みの雨

執筆:2006年06月16日 火曜日 08:20 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

昨日は一日中嫌な雨でした。朝からの雨でジメジメしてるし、夜は大雨で車の運転が怖い程でした。この雨では大変な思いをしている地方もあるようで、テレビのニュースで見て心配しています。

昔から雨が嫌いで、あまりいい思いをした記憶がない...っつうか嫌な思いしかないのですが、今年に限っては「恵みの雨」っと言う言葉を実感しています。

小さな庭の片隅にアスパラやトマトなど所狭しと植えているのですが、これが一雨ごとにグングン大きくなるんですよね。毎日朝晩2回チェックして、乾燥するとジョウロで水やりをしているんですが、やはり天然の雨が一番いいようで、一日雨が降ると背丈や実の大きさがグンっっとびっくりするぐらい大きくなります。

また山林の開拓地では水やりなどほとんど出来ないのですが、今年の雨の多さで順調に苗が育っているようです。とうもろこし・枝豆など去年はいつの間にか消滅してしまったものも、今年は見る度に大きくなって楽しくなってきました。長年嫌いだった雨ですが、今年は雨が降る度に嬉しくなってしまいます。

保水性があって水はけのよい土

執筆:2006年05月22日 月曜日 22:00 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

園芸の本を読んでいると、「保水性があって水はけのよい土」っと言う言葉がよく出てきます。園芸の本には土の団粒化など、詳しい構造が書かれていて知識としてはなんとなくわかっても、やっぱり理解に苦しみます。

ホームセンターをうろついていると、1袋200円の家庭菜園用土を発見し、試しに育苗用に購入してみました。今までは針の山林まで取りに行ってフルイに掛けて使ってたのですが、200円だったらガソリン代より安いからです。

育苗ポッドに詰めて種を蒔き、水やりすると違いは一目瞭然!「保水性があって水はけのよい土」でした。百聞は一見にしかずです。ジョウロの水がさっとひき、余分な水はすぐに底の穴から出てきます。なおかつ、必要な水分はしっかりと保ち、何日も乾燥する事はありません。我が家の庭の土を使うと、水はけが悪いのにすぐに乾くので、全く正反対でした。

教科書にしている「30坪の自給菜園」っと言う本にも書いてあったのですが、土の少ない育苗トレイでは、購入した土を使うのがベストのようです。苗が出来なくては、何も始められませんので!

90mmマクロレンズ購入!

執筆:2006年05月21日 日曜日 22:00 | 分類: カメラ | 編集

クリックすると大きく見れます 家庭菜園や山林の写真を撮り始めて、気になりだしたのがマクロ撮影(接写撮影)。植物の芽吹きのアップの写真がお気に入りですが、手持ちのズームレンズでは近付く距離に限界があって、最大撮影倍率は0.27倍でしか撮れませんでした。

遠くの物を大きく写すズームと最大撮影倍率は違う考え方です。最大撮影倍率は、実際の対象物がどの程度の大きさで受像面(FILMやCCD)に写るかを表します。直径2cmの1円玉が、最大撮影倍率0.27倍だと5.4mm、1倍だと20mmの大きさで受像面に写ります。普及型の一眼レフデジカメが使うAPS-Cサイズセンサは縦15.5mm×23.2mmですから、最大撮影倍率1倍(1:1)のレンズではファインダーからはみ出るぐらい大きく1円玉が写せます。

購入したのは、ネット上でも評判のよいTAMRONのSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (モデル272E)で、色々試し撮りをしてみました。近付いて撮影すると被写界深度が浅いので、ピントの合う範囲は数mmとなりかなり難しい撮影となります。オートフォーカスで大雑把にピントを合わせ、マニュアルに切り替えて微調整し撮影することになります。ワンタッチでオートフォーカス/マニュアルフォーカスに切り替える事が出来るすばらしさは、使ってみて始めて理解出来ました。

クリックすると大きく見れます

「マクロレンズは発色がよくキレイに撮影出来るので、普通の単焦点レンズとしても使える」っという文章をよく見かけるので、少し離れた対象物も撮影してみました。発色がよいかどうかはわかりませんし、何が違うか表現は出来ないのですが、いつもの18-200mmズームレンズとは比較するまでもなく、全く違うキレイな写真となりました。よく「女性を撮影するとシワまで写すので嫌がられる」と言われているそうですが、採れたての小松菜の新鮮さが伝わるでしょうか。(写真をクリックすると拡大して表示します)


とうもろこし・枝豆・さつまいも植付

執筆:2006年05月14日 日曜日 22:00 | 分類: 田舎暮らし » 開墾と菜園 | 編集

プラグトレイを使って自宅で育苗したとうもろこしと枝豆を植え付けました。

種まきはまだ寒さが残る時期だったので発芽までリビングで見守り、発芽後に透明のビニールを掛けて保温して庭の日当たりのいい場所に置きます。トレイは土が少ないので、外に出してからは毎日朝晩チェックし、多い日には2度水やりしたこともありました。

トレイ全体に根が周って根鉢の状態になった頃が植え付け時期と本で読みましたが、トレイが黒いので根の状態は外から見えません。そこで、苗同士の葉が当たって苦しそうになったころを見計らって、苗の植え付け時期としました。偶然にも、根鉢が出来て丁度いい時期だったようです。根鉢が出来ると、苗をトレイから抜いても土が崩れません。抜きにくい時は、裏の穴から棒でつつくとスポッと苗が抜けます。

とうもろこしは1畝に2列に植える2条植えにし、枝豆は1条植えとします。それぞれ、60穴に1粒づつ種をまいて育苗しましたが、発芽しなかったり途中水やりの遅れなどの失敗で枯れたりし、結果的には約5mの畝に丁度よい数となりました。


ホームセンターで購入したさつまいもの苗も植え付けました。1週間程前に購入したのですが、植える事が出来なかったので玄関先で水につけておいたら、少し根が出てきました。水栽培でも少し育ったようで、さつまいもの生命力には驚かされます。

畝の中央に溝を作り、そこに30cm間隔で苗を並べます。次に、先端部が外に出る様に茎に土をかけて埋めていきます。葉の付け根部分から根が出てイモがつくので、茎を埋めて葉が土から出る様にします。

他の畑の様子

自然薯(じねんじょ)の芽が出てました(写真)!初めて見るので正常な状態なのかどうかもわかりませんが、ちょっと嬉しいです。ジャガイモも少し育っているようですが、生姜はまだ芽が出ていません。

秋植えの他の作物は壊滅状態です。えんどう豆は冬は越したものの、育つことが出来ずに消滅してしまいました。にんにくは冬が越せず瀕死の状態、たまねぎも玉が育たず大きくなりません。雪が積もり土が凍結したのが悪かったのか、冬に水が足らず枯死したのか、原因はまだよくわかりません。考えられることとしては、堆肥など土壌の力が足らなかった、堆肥マルチ・敷ワラマルチなどの積雪からの保護がなかったこと、ビニールマルチなどの保温・保湿資材がなかったことなどが思いつきます。とにかく簡単に言えば、勉強不足と世話不足なんでしょうね。来年はもっとがんばりたいと思います。

自宅庭のミニ菜園では、4年越しのアスパラが豊作となっています。毎年少しずつ大きなものが収穫出来る様になってきたものの、量も大きさも貧弱でした。ところが今年は急に立派になり、直径1cm強の芽が次々と出ており、毎日3本づつぐらい収穫を続けて既に30本ぐらいは食べたと思います。また、春きゃべつのつもりで種から育成して遅れていたキャベツ、ホームセンターで購入したキュウリ・ナス・トマト、山林と同時期に植えたジャガイモも順調に育っているようです。片隅に植えた、葉大根・小松菜もそろそろ収穫時期です。

山林の畑に比べると順調な家庭ミニ菜園ですが、8年経って土が出来てきたこと、水やりや害虫退治などの世話を毎日していることがいいのでしょう。なんとかこの経験を、開拓地でも生かしたいと思います。

梅小路蒸気機関車館

執筆:2006年05月05日 火曜日 23:00 | 分類: 雑言 | 編集

子供の日、子供達を連れて梅小路蒸気機関車館に行ってきました。子供の時以来だから、20年ぶりぐらいかな?

男の子なら誰でもそうだったと思いますが当時かなりの電車好きで、親に借りたオートフォーカスでないバカチョンカメラ(絞り・露出だけオート)で写真を撮って、今でも額に入れて飾っています。思えば、写真を撮り始めたキッカケになる出来事だったのでしょうか。当時は梅小路がまだ運転区として使われていて、停車中の電気機関車に近付いて写真を撮らせてもらったように思います。その前だったか後だったか、吹田操車場や京都駅や大阪駅、淀川鉄橋などに通い、鉄道写真を撮りまくった時期もありました。中学生の頃かな?

この連休中、普段あまり乗らない電車で大阪や京都に出掛け、下の娘は電車の一番前に立って運転手さんを観察する楽しみがわかってくれたようです。帰路、疲れているはずなのに「運転手さん見る〜」っとダダをこねて、ずっと最後まで見ていました。もちろん、私も楽しんだ連休であった事は言うまでもありません。

幻の五新線散策

執筆:2006年04月22日 土曜日 08:56 | 分類: 雑言 | 編集

まだ寒さの残る去る4月7日朝、奈良県五條の街をちょっとだけ散策しました。ちょうど桜が満開、針の桜は今が散り始めですから、2週間近く気候が違う事になります。

国道24号線をまたぐように残る小さな古い跨道橋が気になり調べると、その昔五條〜新宮間を蒸気機関車で結ぶ五新線が計画され、作り始めては中断され・・を繰り返してついに完成する事のなかった遺物だという事がわかりました(五條市のホームページや、高萩 厚さんのホームページに詳しく書かれています)。

奈良に勤務するようになってからずっと気になってたこの地を、家族を引き連れてやっと散策する事が出来ました。写真は、五条駅から国道を越えて吉野川の手前で終了している、高架橋の終端地点です。


<<- prev [ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 ] next ->> | 投稿